Dr.むらっちブログ Dr.むらっちブログ
  • HOME >
  • Dr.むらっちブログ

人生・不思議体験,意図的シンクロニシティ,セミナースケジュール

「70万円の得で、130万円の損との出会いとは」 ーそれは奇跡か、必然か。みんな事実ですー最終回

2017年6月30日
 【人生・不思議体験,意図的シンクロニシティ,セミナースケジュール

    すべて無傷で、なぜ、我がもとに戻って来てくれたのか❗







戻ってきた携帯のカバーのみ。本体は、GPSの追跡を恐れたかな?




「70万円の得で、130万円の損との出会いとは」
ーそれは奇跡か、必然か。みんな事実ですー最終回

個人の携帯電話の番号を、彼が、なぜ探し得たのか?

そんな事を考えている場合じゃない。穏やかに名乗る大使館員に、事情を説明した。
「ウーン、韓国のトランスファーでなく、入国・出国をするのですか? それでは渡航証明書は、役立たないかも知れませんね。とにかく、いまは、自宅ですから何とも出来ませんので、明日、大使館でお待ちしています」
そのあと私は彼に続けて言った。
あなた様のお名前を借りて私宛のお金を、日本から送金したと言う連絡です。どうぞ宜しくお願いします❗
と言うと、それは問題ありません、と電話は切れた。

万事休す。パスポートをつくるために、日本から戸籍謄本をとり、ヘルシンキに送ってもらうのに、どれ程時間が掛かるか、いま、3月24日なのに、4月まで日本への航空チケットはない。
一席だけ4日後に、片道の日本行きが50万円であるにはある。しかし、パスポートは4日間では準備出来ないではないか。

ガックリだ‼️
タカシロ氏が、もう口癖のようになった「タイミング時期が、みんな悪いんだよな。最悪!不運なときってえのは、そんなものだよ」と、まるで自分のことの如く、ぼやく。

羽田空港だけでなく、日本ならどこでもいいんですが、と問う私に、彼は、成田、名古屋、関空の便をみんな調べましたよ。それに追っかけて私は言う。
たとえばトルコ経由とか、ロシア経由とか、はどうですか?
すると、反射的に、彼は言う。地球の反対回りでもいいから、親しい連中に、みんな聞きましたよ。いずれも、パスポートがないと、帰国出来ないね。
吐き捨てるように言った。

「タカシロさん、これから、遅いランチでもしませんか? ご馳走させてくださいな。いまや、ゆとりがありますから(笑)」
いや、これから、仕事があるので。と言い、もうこれ以上打つ手がないので、明日の朝、一緒に大使館に行きましょう。明日9時にここへ来ますよ。
きびきびと言って、手を挙げて、ホテルから出ていった。

ホテルの部屋に入り、呼吸法をし、瞑想にはいる。

いまや、すべては、ケ・セラ・セ・ラ。なるようになる。

気がつくと、90分が過ぎていた。電話が鳴る。出ると
日本からだ。30万円弱で羽田空港の便をとれますが、と言う。お任せします。と答えた。
パスポートがなければ、無駄になることはわかっていた。
しかし、すべてお任せ。それが、思し召しならー。

そして、もう一度、瞑想に入った。静寂の、そのまた奥の奧へ~。

朝、一番。タカシロ氏と大使館に行った。
昨日の無礼を、大使館員にわび、書類と写真を渡す。彼は「昨日、韓国にも電話で問い合わせをしたのですが、国際情勢の問題もあって、微妙な様子ですね」
と書類を持って事務所の奥に消えた。
と思ったら、直ぐさま、足早に、私とガイドの前に前に現れた。
温和で静かに語る彼が、珍しく早口で私に、言った。
「村田さん、パスポートが見つかりました❗ いま、この電話に連絡です❗」
タカシロ氏と私は顔を見合わせた。

「フィンランド語がわかりますか?」と勢い込んで、タカシロ氏に言う。
うなづいた彼は、大使館員から、携帯をもぎ取るように手にした。早口のフィンランド語て応答している。
電話を切って、ここから、車で30分前後の、難民の多い町です。
すぐ行きましょ!
と言うと、大使館員も早口で応えた。では、パスポートが手に入ったら、ここへ戻って来てください!待ってます。

40年住んでいる彼でよかった。大使館員が、呼んでくれたtaxiに乗り込み、指定の場所に飛ばした。

タクシーから、羽生結弦選手たちの国際フィギュアスケートの会場となる建物の近くには、追っかけの日本ファンたちののんびりした姿が、あちらこちらに見える。
そうだ、もうすぐ国際大会だ。だから、一層、航空チケットがとれないんだ。

そう、思っているうちに、タクシーは、人影の少ない田舎の広い街路をはしる。と、背の低い街路樹の下にコロコロした中年女性が立っている前で、タカシロ氏は、車を停めさせ、窓から、彼女になにかを言った。

その女性が、うなづく。彼が降りる。もどかしく、私も降りる。彼女の手に、なんと私のエルメスのバックがあった。

えっ! 私は 声にならぬ声をたてていた。嘘ではない❗
渡された自分のバッグを手にして、そう思った。
ゆっくり中を確かめる。

まず、パスポート。開く、間違いない。
お気に入りの黒のクロコダイルの長財布。もうひとつのカード入れと、8枚のカード。さらに、携帯のカバーがあった。
ないのは、現金500ユーロと20万円の日本円。携帯電話本体がなかった。いや、もうひとつ。これらを一切ひっくるめて入れていた布製の数千円のペラペラの袋もない。

こころ優しい方。情の深い人よ。
愛用している品々をそっくり返してくれたのだ。現金が役立つなら、どうぞ、役立てて下さい。瞑想のときと、同じ感覚。理屈を超えた不思議な感謝の思いがわいてくる。

「意図的シンクロニシティを起こす」ーそれは、元のハーバード大学のジル・ボルトティラー博士の「奇跡の脳」にある体験と共通する意識状態のおりに、可能となるのでしょう。

人間の可能性は、興味深く面白い。常識を超えた可能性は、意識の奧の奥の根底にある。
その意識が、自然の法則に一体化するときに発現するのでしょう。

その日の夕方、日本でとってくれた航空チケットで、戻ってきた愛用の品々とともに、羽田空港に向かう、フィンランド航空機内にいた。

至福に包まれていた。

「我はそれなり、汝はそれなり。これすべて、それなり」(古代インドの哲学書)が、心の奥でリフレインされていました。

万感を込めて、読者のあなた様にも、有り難うございます❗

         ♪ほんとの平和と愛の発現こそーむらっち♪



星風アカデミー Facebookページ

運命を創る専門家/Dr.むらっちのモットー

運命カウンセラー。作家。心理学博士。健康科学博士。気学家。
略歴はプロフィールをお読みください。

気学などの意識の開発で、幸せを築く4つの豊かさを実現します。
1.自由な時間力
2.豊かな経済力
3.健やかな健康力
4.喜びの奉仕力

カレンダー

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

  • Dr.むらっちブログ
  • 体験者の声
  • カウンセリング/入会案内
  • 星風アカデミーとは?
  • 書籍・グッズ

ページトップへ戻る