Dr.むらっちブログ Dr.むらっちブログ
  • HOME >
  • Dr.むらっちブログ

気学,人生・不思議体験

「暗殺者と暗殺された男」 ~自分の運命は自分で創る~

2017年8月31日
 【気学,人生・不思議体験

    

「粋ラボは真昼でも、不思議な異空間。集中できるセミナーです」


世界の大事件が起きると、すぐ、気学暦手帳をひらく。



 麻布オフィス/20代後半から76歳まで。いつ、スタートでも遅くない自分の人生の主役への道のり。




京都・桂坂のセミナーには、軽食の差し入れも頻繁。

それぞれ教える立場の先生方の30代が多い。





「暗殺者と暗殺された男」
~自分の運命は自分で創る~

「なぜ、そんなことがわかるの ?」
「法則だから、直感なんかいらないのです」
「機械的に、ルール通りに出せば、暗殺されるというこの男の人生が前もって、わかる訳ですか ?」
「そうです。だから、事前に対策がたてられる」
「じゃ、彼は、事前にそれを知っていたら、自分の弟に暗殺されずに、すんだわけだ」

2017年2月13日(月曜) 世界がビックリした事件のことだ。大勢の中で若い女性に暗殺された兄と、5年前に指令をだしたと言う弟。

札幌のオーガニック居酒屋「粋ラボ」でのセミナー2回目は、今年、クアラルンプールの空港で起きたその暗殺を、事例として展開した。

暗殺者と、される側の運命ーそれは、ドラマの世界のことではなかったことに、強い衝撃を多くの人が受けただろう。
セミナーでは、この二人の気学的命式を、規則どうりに(法則通りに)だすと、暗殺される側の弱さの暗示と、一方の指令出す側の強さとが、くっきりと浮かんでくる。人道的とか倫理の問題ではない。

「じゃ、暗殺された方は、自分のそうした流れを知らなかった、と言うことですか ?」
だめ押しのような、質問が飛んできた。
「そのとうりです。この方の側近なり、周辺のかたが、そうした知識があれば、悲劇は避けられたでしょう」
「一番いいのは、本人が理解していることですね」
「そう、思います。自分の運命は自分が創ることですからー」

秋の気配の忍び寄る札幌を、あとにして、まだ猛暑の東京・麻布に移動して、やはり、同じテーマでのセミナー。
自分の運命は自分で創る、自分で運命を変えることが出来る。そのためには、先天と後天の自分の弱みと強みを知る必要がある。その作業を、それぞれが楽しみながら、取り組む。
これが運命改善の、まずは、第一歩でしょう。


孫子曰く「己を知り、敵を知らば、百戦危うからず」

     ☆ 弱みを強みに変えたいムラッチです☆



星風アカデミー Facebookページ

運命を創る専門家/Dr.むらっちのモットー

運命カウンセラー。作家。心理学博士。健康科学博士。気学家。
略歴はプロフィールをお読みください。

気学などの意識の開発で、幸せを築く4つの豊かさを実現します。
1.自由な時間力
2.豊かな経済力
3.健やかな健康力
4.喜びの奉仕力

カレンダー

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

  • Dr.むらっちブログ
  • 体験者の声
  • カウンセリング/入会案内
  • 星風アカデミーとは?
  • 書籍・グッズ

ページトップへ戻る