Dr.むらっちブログ Dr.むらっちブログ
  • HOME >
  • Dr.むらっちブログ

人生・不思議体験

「カルロス・ゴーンの教えるところ」

2018年12月27日
 【人生・不思議体験

パリの暴動 生々しい・・・




1220日パリ着。

ビジネスホテルのチェーンと言ってもいい、オペラ座まで3分か、4分ぐらいの近さのロケーションのホテルに空港から目指す。10月来た時に、下見はしておいた。

 

予定通りJAL便は、ド・ゴール空港に着。午後4時過ぎだ。ラッシュタイム。40分のところ1時間半。ようやく夕方6時ごろチェックイン。

気にしていたデモはない。

 

部屋に落ち着く。ドライバー兼ガイドの男が、「カルロス・ゴーンを、ジャポネは良く捕まえてくれた。拍手したいね」という。

「君たちフランス人は、ゴーンの味方じゃないのか?」

と言うと、違うよ。彼を応援するのは、ルノーとマカロン大統領ぐらいだよ。それに彼はレバノン人だ。という。ブラジルで生まれ、フランスで育っているし、学校もパリで出ていたはずだ。私がそう言うと、その通りだ、彼は賢いが、金、金、金だ、と吐き捨てるように言う。

 

私は、それだけではないよ。権力欲も凄いんだね。日産を辞めたら、ブラジルの大統領を狙っていたはずだよ。すると、彼は、そうか、だから、金なんだねと返してくれた。

 

デモは、どうなんだね。と聞くと、国民はマカロンに起こっているんだ!

燃料費の値上げや、学費の値上げ。さらに、低所得者への援助も切り下げるとか、そのくせ、本人は、自分の化粧に専属のメークアーチストをつけて1日何万円もメーク代金だけで使っている。

「じゃ、国民は、騙されたと思っているんだね」と私が言うと、彼はそうだとうなづく。

 

いつもそうだか、見た目に騙される国民も悪いことは悪い!

と吐き捨てるように言う。

 

フランス政界史上最年少30代の若さで大統領になったはずだ。五黄本命一白の月命で宮命九紫。冷徹な一面があり、したたかな政治家だろう。計算づくで演出する人物。剋気が多いと冷酷非情にもなれる。

 

アメリカを排除し、ロシアから守るためにEU軍の創設をしようと、ドイツのメルケル首相と手を組む了解をえて、アメリカのトランプ大統領を激怒させたりする。

 

勇気もあるマカロン大統領だが、エゴと知能の力だけでは行き詰まる事を知らないとすれば、大変なことになる。

 

血塗られた歴史の悲惨さは、エゴと力と知能の戦いによる。深い意識の源からの乖離によって、悲惨さと悲劇は繰り返されるのに〜()

 

 

小雨降るパリの街角を眺めつつ

                               ムラッチ




星風アカデミー Facebookページ

運命を創る専門家/Dr.むらっちのモットー

運命カウンセラー。作家。心理学博士。健康科学博士。気学家。
略歴はプロフィールをお読みください。

気学などの意識の開発で、幸せを築く4つの豊かさを実現します。
1.自由な時間力
2.豊かな経済力
3.健やかな健康力
4.喜びの奉仕力

カレンダー

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

  • Dr.むらっちブログ
  • 体験者の声
  • カウンセリング/入会案内
  • 星風アカデミーとは?
  • 書籍・グッズ

ページトップへ戻る