Dr.むらっちブログ Dr.むらっちブログ
  • HOME >
  • Dr.むらっちブログ

子育て

「特異能とリーサンチャンの一時帰国」

2014年12月11日
 【子育て】

    8日に、南アフリカに留学していたリーサンチャン(東大医学部)が、エボラ出血熱の騒ぎのうずの中から、無事帰国したご連絡をうけました。
  詳細は、アカデミー誌に載せます。
  文面は、また、一段と成長を裏付ける内容で嬉しくなってくきます。
おりしも、東京大学が
「特異能の子供たちを支援する」という内容のプロジェクトを立ち上げた。全国から、特異能をもつ子供たちが集まっている。ようやく、日本もそうなったか。平均値のみを育てる、あしき平等主義の教育の日本では、また、なにかイチャモンがつけられるかもしれないが、ぜひ、充実し拡大してほしい、とねがう。

リーサンチャンが、東大の理科Ⅲ類にストレートに合格し、その入学式に付き添いとして参加した。その時の、総長のご挨拶が、高い平均的能力は当然としても、ユニークな能力を育成したい主旨に、早く、そう舵をきってほしいと思ったことが実現しつつあるのだ。

  IQ,EQ,PQの三つを揃えて育成するのが、子育ての要件だと、ずっと主張してきたけれど、その成功した典型をリーサンチャンに見る思いがします。

学業のみならず、グローバルな視点と社会への意識の育成は、ユダヤの教育では、当たり前であるけれど、概念は分かったつもりの日本では、実践する人は多くない。
それを、実践しているのが、リーサンチャンの母親・富士晴美さんであり、娘のリーサンチャンだと言えます。
医学を志すなら、予防医学を、とわたしは、若い方々に、勝手に希望している。病気にならない科学、医学こそが、先端にきて然るべきだと思うからです。   もしそうなれば、医療費も、人間の苦しみも激減しますがー

まぁ、20歳迎えたばかりのリーサンチャンにはたっぷり時間がある。じっくり世界を体験しつつ、人類の先々を、ゆっくり展望していただくのも、素晴らしいことと思います。
    あすなろのむらっち
             

子育てで悩んでいます

2012年11月27日
 【子育て】

お任せください。さまざまな子育てのノウハウは、山のようにあります。しかし、もっと根本的で、もっと本質的で楽な子育て。それが、陰陽五行論から発展した東洋的子育ての知識と技術です。健康で、素直で、賢い子どもに育てるために、まず、ご自分たち(ご両親)と、そのお子様の気質(性格・心情)などの違いの理解からスタートします。


楽しく人間理解が深まります。現在身につけておられる子育て法に、少しつけ足して理解するだけで、子育てが楽しみになるはずです。気学は、それらにすべて応えてくれます。

星風アカデミー Facebookページ

運命を創る専門家/Dr.むらっちのモットー

運命カウンセラー。作家。心理学博士。健康科学博士。気学家。
略歴はプロフィールをお読みください。

気学などの意識の開発で、幸せを築く4つの豊かさを実現します。
1.自由な時間力
2.豊かな経済力
3.健やかな健康力
4.喜びの奉仕力

カレンダー

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

  • Dr.むらっちブログ
  • 体験者の声
  • カウンセリング/入会案内
  • 星風アカデミーとは?
  • 書籍・グッズ

ページトップへ戻る