Dr.むらっちブログ Dr.むらっちブログ
  • HOME >
  • Dr.むらっちブログ

Dr.むらっちブログ

「特異能とリーサンチャンの一時帰国」

2014年12月11日
 【子育て】

    8日に、南アフリカに留学していたリーサンチャン(東大医学部)が、エボラ出血熱の騒ぎのうずの中から、無事帰国したご連絡をうけました。
  詳細は、アカデミー誌に載せます。
  文面は、また、一段と成長を裏付ける内容で嬉しくなってくきます。
おりしも、東京大学が
「特異能の子供たちを支援する」という内容のプロジェクトを立ち上げた。全国から、特異能をもつ子供たちが集まっている。ようやく、日本もそうなったか。平均値のみを育てる、あしき平等主義の教育の日本では、また、なにかイチャモンがつけられるかもしれないが、ぜひ、充実し拡大してほしい、とねがう。

リーサンチャンが、東大の理科Ⅲ類にストレートに合格し、その入学式に付き添いとして参加した。その時の、総長のご挨拶が、高い平均的能力は当然としても、ユニークな能力を育成したい主旨に、早く、そう舵をきってほしいと思ったことが実現しつつあるのだ。

  IQ,EQ,PQの三つを揃えて育成するのが、子育ての要件だと、ずっと主張してきたけれど、その成功した典型をリーサンチャンに見る思いがします。

学業のみならず、グローバルな視点と社会への意識の育成は、ユダヤの教育では、当たり前であるけれど、概念は分かったつもりの日本では、実践する人は多くない。
それを、実践しているのが、リーサンチャンの母親・富士晴美さんであり、娘のリーサンチャンだと言えます。
医学を志すなら、予防医学を、とわたしは、若い方々に、勝手に希望している。病気にならない科学、医学こそが、先端にきて然るべきだと思うからです。   もしそうなれば、医療費も、人間の苦しみも激減しますがー

まぁ、20歳迎えたばかりのリーサンチャンにはたっぷり時間がある。じっくり世界を体験しつつ、人類の先々を、ゆっくり展望していただくのも、素晴らしいことと思います。
    あすなろのむらっち
             

「運と人の情け」

2014年12月11日
 【】

   

   ハッとして、今回こそはダメか、とあきらめて、落胆の淵に落ち込むことは、誰にも、あるのでしょうか? 
うん、あるに違いない
し、いや、あるだろうなぁ。 
  あの、ノーベル賞を受賞されたあの科学者たちにも、あるに違いない。じじつ、ノーベル平和賞の少女マララさんは、九死に一生を得たではないか。
「銃より一冊の本を」と訴える彼女は、神様から使わされた平和の使者かも知れません。テロリストとテロリストを生む社会へのー。  
   そんな高尚な話ではなくて、ワリイけれど
今回も、ハッとしておのれの悪運を呪ってしまった。東北の地方都市。「ナンとか牛」がウマイと言う焼肉屋さんに、カミさまと入った。三回目である。いつもの席に座る。
テレビにでも出てきそうなカワイコちゃんが注文をとりにくる。
「今日は、社長は、おやすみなの?」と、別に用もないのに聞く 「会長のことですか?会長なら、もう少ししたら、来ます」   
返事なんかどっちでもいいので、私は、うなづき、愛そうのない娘だな、とカミさまに言う。「緊張しているだけよ」とたしなめられてしまった。

料理はうまかった。赤ワインのボトルは、三分の二を残し、それを手にカミさまの運転する車に、ご機嫌で乗り込んだ。すると、カミさまいわく
「そのボトル、いつものおじさんに渡さないでよ。ホテルの部屋で自分で飲むのよ。外に出るたびに赤ワイン飲むんだから」
   いつものおじさんとは、駐車場の誘導するおじさんのことだ。いつか、一杯だけ飲んだボトルを、残り物で悪いけどと、ぽんとプレゼントして以来、たまに、ブレゼントしていたからだ。なにも差し上げないと、後ろめたくなる。何かないかと聞くと、リンゴがあるというので、今回は「お孫さんに!」とリンゴを手に乗せたのだ。

ご機嫌でホテルの部屋でくつろいだ瞬間、地獄に落ちた。ショルダーバッグがない。携帯がない。考える。東京から、今回、サービスエリアに立ち寄ったのは、どこだ。
  あのバッグには返済用のお金が三百万余円入っていて、カード類がたっぷりある。青くなる。いや、鏡をみてないから、青くなったかは不明❗ 「たいへんだよ、ショルダーバッグがない、どこかに置き忘れた」「そうなの? 家に置いてきたんじゃないの? もう 歳だからね。いつまでも若いつもりじゃいけないってことよ」
「ムムム!」
うるせぇ!焼肉屋に電話しろや、うちらの席には、なかったよ、と押し問答。それでも電話をしたカミサマが、「おおきに、ありましたか、いまから、お伺いします」

焼肉屋の入口で、あの美少女のカワイコちゃんが、くりくりした目で、「すぐ、追っかけたんですが、あのクリニックのかどまで。でも間に合いませんでした」
深く頭をさげて、ただ、感謝するしかなかった。愛そうがないのではなく、真面目で、誠実な情けが、押し寄せてくるのでした。

ここへ来て三回目の忘れ物騒動である。二ヶ月前は、携帯やら小道具をホテルから遠い温泉宿に忘れ、保管してもらった。初回はblogに書いた小銭入れの忘れ物でした。

いつかは、那須のファミレスに、整理のために持ってあるいていた全銀行印と全銀行通帳の一切合切を忘れて、しかも、それに気付かず、3日後に、所用で東大の構内にいたときに、呼び出しを受けてようやく、忘れていたことに気付いた。なんと、連絡は、ある銀行からで、ファミレス経由のご連絡と確認でありました。
  知った後で、二人とも、脂汗がながれて、五キログラムもダイエットができました。東京から那須のファミレスに車を二時間、直行でぶっ飛ばしたのは、ヤマノカミさまでしたがー。

それにしても、忘れた物がどれも戻ってきたことは、なんと言う幸運なことか。なんと言う善良な人々なことかと、心底思います。

それで、昨日今日と、エレベーターでも、必ず、オジンでもオバンでも、偉そうなやつでも、丁寧に会釈して、「お先にどうぞ」とゆずり、とても優しい気持ちになっているのです。不思議です。
                                                     気分いい むらっち

「パワースポットの秘境と冨澤清行氏」

2014年12月11日
 【金財運】

    

   スピリチュアルな場所といえば、パワースポットとなり、パワースポットといえば、神社仏閣と相場が決まっています。
   しかし、そう言う相場が決まっていないスポットを、自分で探すのが、えも言えぬ喜びであるのであるからして、ああ、300回以上も、海外に出掛けて、その発見を楽しんで来て、身代を棒に振りかねないのです。
   東京の近場で言えば、関東の秘境・養老渓谷が、私にとって、パワースポットだ。故・小林三剛先生に30年ほど前、コーヒー色の温泉のある高級ホテルに招待され、数日すごしたのが、きっかけだった。招待されながら、もっと波動のいい温泉はないのかと、先生には内緒で色々と探したのです。

  あるとき、 凶方位のスコットランドに仕事で行かねばならず、帰国後に、それを癒す祐気先にえらんだのが、事前に予約しておいた養老渓谷の滝見苑だった。そこの社長が冨澤清行さん。またの名を、二代目滝見山人と号する。
   その滝見山人が、今回「オレの人生・恵知運宝(けちんぼう)」という題名の立派な著書を出版された。千葉日報社からで、帯には「財は使わず、知恵を使う人には、宝が運ばれてくる」とある。さらに、自然の恵みと農耕民族の知恵を生かそう! と訴えている。お会いしてすぐ滝見山人と意気投合し、いきなり、山人のこの熱っぽい哲学を幾千回、聞かされたことか !  「農業は、21世紀の重大なビジネス」と言うのが、日頃の主張の私には、山人の言葉が心地いいのだった。

   数年間、ご無沙汰していたところ、本を出したうれしい知らせ。開くと私の事にもふれており、光栄そのもの。だが、せっかくのパワースポットについては、一言も触れていないのは、山人の良識によるブレーキでしょう。

   ここの秘密を、私の責任で明かすと、ニュージーランドのコロマンデル半島にあるコルー道場の周辺の聖地と、繋がっているのです。
  出口王仁三郎が取り持ち、スサオノミコトが働き、一方はマオリ族の聖地となり、一方は、富士神界に繋がっているようです。もっともこのことは、コルー道場のリンチさんにも、滝見山人にもお伝えしていないことで、初めての公表です。

   両方の地を訪れるたびに、リンチさんご夫妻と滝見山人とを、何回もお引き合わせしたいと思ったことか。両方の地とも、その場に立つと、様々なメッセージが、和歌の形で降りてくる。短歌の素養など皆無なのにー。

   この事を、打ち明けお話したのは、唯一、故・藤波孝堂先生(元官房長官・藤波孝生の俳号)に、滝見苑でお忍びで休養されたときであった。藤波孝生先生がぽつりと、私に言った言葉が強く残っている。
「村田先生は、新しい神話作りをしているんですね」
私にとって、それこそ、宝にしたい言葉に聞こえて、ずーっと心に残っています。

    来春から、久し振りに、祐気採りをかねて、いい気を浴びつつ、滝見山人の哲学を拝聴しに、たびたび行くことにしよう !
                               うれし 懐かしのむらっち

「菅原文太さんの思い出」

2014年12月2日
 【】

  

また、ひとつ、昭和の大きな銀幕の大スターが、この世から旅立って行かれた。あちらで、高倉健さんとお会いしているだろうか。
   四緑木性の81歳。
   生前、2回か、3回お目にかかっている。出版の件と、菅原文太さん主催の何かのパーティーにお招き頂いたとき。たしか、ノーベル賞受賞された方をはじめ、様々な分野の方々の集いだったと思う。
   気配りの行き届いた、知的な紳士。それが私の受けた菅原文太さんへの第一印象であった。スクリーンでのイメージと、実像ががらりとちがうのは、名優の当然の姿であろう。早稲田大学を中退されたが、一時期、卒業するよりも値打ちがある風潮もあったよき時代ー。
   高度経済成長期まえの、血液を売ってしのぐ、苦学生が珍しくない時代のことだろう。
   晩年、菅原文太さんの、弱い人への社会的応援の活動を、遠くから見つめいたがー。
               ご冥福を祈るのみ  むらっち


「怒りと無知」

2014年11月29日
 【】

   

    ハラハラ、ドキドキの時間が流れ、blogどころではなかった。いや、まだ、続いていますけれど。(緊急のご連絡が、多い二か月)

いま、東京の行きつけの喫茶店ですが、さっきまで、怒りが、心頭に達する寸前でした。

雨が降っています。先ほど、京都にマナロアといるヤマノカミ様の指示の「レターパックス」なるものを、昨日出すのを忘れて、叱られて、今しがた投函した。

雨のなか、傘をさしてと、書くのは、あまり傘を差さないので、傘をさすというのは、それほどひどい雨。そのなかを、郵便局に急いだ。窓口で、計り、いくらの料金かを聞く、切手を買う、それを貼る。そして、投函して下さいますか、とお願いする、と手順を考えて、イソイソと郵便局へ。
ところが、なんということか、局は、シャッターが閉まっているではないか。雨はふり続いている。

   怒りが、メラメラと込み上げてくる。
今日は土曜日で、郵便局は休みだと、なぜ教えないんだ!
郵便切手をなぜ買って置かないのだ。
少なくとも、切手がどこにあるのか、なぜ教えてくれないのだ。そもそも、局以外で切手をどこで買うのか!
納品された月刊誌をなぜこの人だけに急ぐのだ、と怒りは、炎のように勢いを増ばかりである。

喫茶店に入って、恐れ多いが、ヤマノカミさまに、意を決して火のように抗議をするぞ!

と、決意した。
信号待ちに、昨日京都を発つとき、託された大きな封筒を腹立ち紛れにみる。

よーく見る。印刷されていることを、つぶさに読む。ナニナニ?
切手は不用、シールをはがせ? そのまま投函せよ⁉    初めて、レターパックスなるものを理解した瞬間ー!ようやく意味がわかったのです。
スミマセン!ゴメンナサイ!

怒りは、往々にして自己中の感情から生まれる。それに火をつけるのは、無知からなんですね。無知、無理解、誤解、曲解が奥にあるようです。これは九紫の剋気二黒の剋気、七赤も少しははいるか。

先日やった竹島での、韓国の軍事演習は、領海侵犯だと専門家が指摘、日本政府は、「遺憾です」というが、外交的には、残念です、と言うだけで何も言わないのと同じだと、悔しがって、怒っていました。この場合の怒りは、どっち?

  中東問題の血で血を洗う殺戮も、ともに、相手を赦さない怒りが、おおもとに、あるのでしょう。

尊敬する医学博士のハリ・シャルマの言葉を借りると、「心は身体の基礎である」のだから、怒りと憎しみは、その土台を破壊するということです。
                                                                         無知の塊のむらっち


             

「哀愁、ゴルゴ13と高倉健さん」

2014年11月19日
 【】

   寂しくなったなぁ!
高倉健さん、ああ、憧れの六白の男子よ!
「行く道は精進にして、忍びて終わりは悔いなし」なんて、健さんらしい高倉健の愛した言葉。
私の愛読書の「ゴルゴ13」と、イメージがいつも重なっていた。知性派の女性の前では、愛読書ゴルゴ13と言うと、たいてい、軽蔑されるので、隠しているのです(言うとるやんけ)
むかし、憧れの高倉健さんには、たまたま、千歳空港から羽田空港へ向かうJAL機内で、隣の席だった。行儀よく乗っておられる健様の側でかたくなっていた自分を思い出す。二回目は、やはり、真ん前が健様で、なぜか、その彼がうしろを振り向いたときの、健さんのアップされた顔が忘れられない。寡黙、哀愁と新聞は評していた。
実に、六白らしい六白の、男の哀愁を秘めた大スターでした。また、寂しくなりました。
いま、南国に飛び立とうとする搭乗口にいます。健さんはポルトガルが好きだったのではなかったかなぁ。
                                                    健さんを偲ぶむらっち
             

「住んでみたヨーロッパ 9勝1敗で日本の勝ち」

2014年11月15日
 【】

   

   このタイトルは、川口マーン恵美さんという在欧30年の日本女性が書いた本のタイトルです。講談社の新書版で、「住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち」の第二弾の本。27万部を突破するベストセラーのようです。

昨日、千歳空港へ降り立ち、はや、札幌は雪か、なんて灰色の空を眺めた。早や、というのは、書きたい本が山ほどありながら、一冊も書いてなく、日々に流されている我が思いの焦りが、つい口に出たのだ。

時間がないと言うべきではないが、つい目にとまる本に手が出る。

EUは必ず崩壊するという著者。うちのカミさんも同じことを言っていたなぁ。
特に、彼女は、フランスはおかしいという。
パリはアメリカのしゅとなん? と私に聞くし、私は私で、スペインかイタリーだったけというほど、アホな二人だ。ですが、勘だけは、カミさんが上手と思う。このあいだ、関西のもと令嬢、いま、セレブの奥さま三人のお供で、パリに行った時も、ショックをうけた。セーヌ川のど真ん中に掛かる橋の下に、流れに沿って走るロマンチックなムロームナードに、ホームレスの青テントがあったからです。二、三年前だか枝美佳カミさまと、年末近くパリに行ったとき、タクシーでシャゼリーゼを走ったが、そのときのイルミネーションをみた枝美佳が、ポツンといわく、「ドンドンさびれるんと違うの、ここの国は」と言っていた言葉を思い出す。

アメリカと中国のトップ同士が地球を、とりわけ、太平洋を、二人で、半分っこして、管理しませんか、なんて話し合っているようでオバマ大統領は、中国の提案にタジタジーなんてわたしの妄想は広がる。

世界の文明は、極東に移動している。
小笠原のあの新しい島は、最初から、大学の専門家たちと違って、もっともっと大きくなると、わたしは、主張し、書いてきましたが、いまや、何倍も大きくなっています。
当然かもせれません。なぜなら、ムー大陸の再浮上のシンポルだからー。
また、また、わたしの妄想が始まったのでしょうか。川口マーン恵美さんは、世界一の楽園は日本だった、と言います。

11月初めの空をながめると、灰色の空から粉雪が、舞ってきています。

                                                      心地よい妄想のむらっち
             

「鳴門大橋と村上海賊の娘」

2014年11月6日
 【】

  

   明石大橋を渡るてまえで、小休止。さおりさんが、車を停めてくれる。瀬戸内海を、じっくり眺めるのは、何十年ぶりだろうか?
ふと、ベストセラーの「村上海賊の娘」の娘・景(きょう)の姿が頭をよぎる。
あの根拠地は、愛媛松山あたりの海だったかなぁ。いつだったか、上下900ページの作品をこの忙しいなか、一気に読んだ。いや、読まされた。作家の筆力によるのだろう。
映画化されるらしいが、されても見ないだろう。頭にあるお景(きょう)のイメージがこわれるからだ。

薄霞の瀬戸内海をまばゆく眺めながら、そう思う。
明石大橋が白くその肢体を、妖しく海にのばしている。幻想的なほど美しい。
そのなかで、この海を血に染めて、縦横無尽に活躍したお景。それは、死と生の極限の濃艶なエロスそのものではないのか。天才三島由紀夫なら、そう表現しそうな気がする。

やがて鳴門大橋だ。むかし、ロケにきたとき
「岩屋」で、イイダコを食べた。それ以来、イイダコの虜になったと思う。

さおりさんが、鳴門の渦を見せようと、橋の路肩に車を寄せてくれる。が、渦潮は橋の下らしく、よくは見えない。やはり、むかし、船でしっかり見たことは、ある。
なぜか、かってな連想で、福島磐梯山のちかくの「五色沼湖」が重なってくる。やはり美しい色と静寂さとともに、スビリチュアルな気が満ちていた。一人旅で、その淵に、小一時間もたたずんでいたことがある。
五色沼が陰なら、ここは陽だ。

そもそも、四国自体がどこか、濃厚なスビリチュアルな雰囲気があったエリアではないかと思う。過去形で言うのは、ここ十年以上来ていないからです。

鳴門の渦潮の一部をみながら、小田原のかまぼこが浮かぶ。鳴門巻き。確か江戸時代の五色巻きの赤色だけが、独立して残ったとか、聞いたことがある。

11月5日の徳島市への出張鑑定は、以前から計画していたのではない。中野幸子さんのご要望は、9月頃にあって、邸宅の家相やもろもろのことで、徳島市へぜひ、となっていてスケジュールをどうするか、悩んでいた。ところが、5日のみ様々な予定が変更になり空きができたので、いきなり、この日になったのです。そのとき、これも、また、たまたま時間の空いた谷所さんが、車を出してくださつたのです。そして、この日、中野雅志氏とお会いしたところ、なんと、この徳島市・名門旧家のご当主のお誕生日でもあったのです。

名門旧家のエレベーターのある邸宅は、六白の象意、広い敷地と旧家は二黒であり、ご当主の雅志氏は、九紫。その先天は、六白。そしてこの日は、年盤二黒、月盤六白、日盤六白。これらが私からみて、南西にまわっていました。様々なシンクロにシティ。

四緑の谷所さんには、小休止のおり、本人には、内緒で剋気の中和をお礼がわりにさせていただいたけれど。

それにしても、人の知恵を超えた自然の法則に、自然と感謝したくなってしまいます。それも自然なことでしょうね。

                                                                    小さな旅の大きな恵みに感謝のむらっち
 

「初めて明石大橋を渡る」

2014年11月5日
 【】



   徳島市へ出張鑑定。いや、お宝拝見じゃありません。家相鑑定で行くのですが、羽田空港からではなく、京都からで、たまたま、それを聞いた谷所さおりさんが、その日空いているので、車を出してくれる、と侠気(おとこぎ?!)を出してくれて、お言葉に甘えることにしたのだ。

ボーッとしている自分を知っているので、谷所さんとの待ち合わせ場所、新大阪駅の南口に一時間前に来て、待ち合わせ場所を確認して、スタバに入る。

なんか知らないが、無性にワクワクしてくるのですよ。根っからの浮遊者なのか、どこか移動となると、ましてあまり知らないところであればあるほど、ワクワクする❗
まして、噂に聞いている(私だけかも。みんなには、当たり前の橋だろうが)  明石大橋を車で、渡るんだと、思うと、スタバのコーヒーもうまいじゃないか。ひとり、嬉しがっているのです。たぶん脳科学でいう、クリスタライズド・インテリジェントが、こう言うとき、活性化しているはずである。
と、意義付けしているもう一人の自分もいるんだなぁ。
また、あとで、大橋を渡ってから、書きますので、宜しくお願いいたします。
                                                                                        わくわくのむらっち    

「工事と居眠り運転」

2014年10月28日
 【】

ここは、日立市のとあるホテル。日立市といえば、世界に誇る重厚長大と言われる日立製作所の

本拠地。しかし、全国の観光では人気の最下位の47位、しかも連続2年の最下位だと、茨城の

観光課の人が、テレビの取材に応えている。


天下の副将軍水戸黄門サマの威力は、観光には無力なんだ。そこで、茨城県は6億円の予算でP

Rに努めた。たとえば、タレントを使い、水戸の納豆を、ニューヨークのど真ん中で、試食をし

てもらうが、若いニューヨーカーたちの全てが、鼻をつまんで、大笑い。スエーデンのニシンのシュールストレミングを先に試食させると、納豆などは、いかに心地よい匂いかを、悟っただろ

うに(笑)


それは、ともあれ、ここへ来る途中の高速道路でのこと。前を走っていた黒塗りのセダンが、い

きなり追い抜き車線のガードレールへぐーっと接近、わっ、激突っ、横転かっと、一瞬体が固ま

る。と、車体が傾き、ふっと元の車線に戻る。あわや大事故も間一髪で避けられた。ガードレー

ルの下の盛り上がった狭い土手の土煙をあげただけで済んだようだ。ハンドルを握る枝美佳を見

ると、眉一つ動かさず、ぽつんと言う。「アホなやつ。恥ずかしいのか、逃げるように、スピー

ド上げていきよる」


しばらく走ると、走行車線で道路の工事中であった。黒塗りのセダンの姿はない。リスクは、い

やでも緊張する。緊張は弛んだ眠気を吹き飛ばす。人生も同じよね。あのドライバーも、私らも、

そんな素朴なことを、再確認だ。脱兎の如く飛ばして行った彼に、感謝します。有難う。


そう、そう。工事と言えば、このホームページも一部工事、改装している最中です。どうぞ、よ

ろしくお願いします。少しずつ、よくしていきますので。

               あのドライバーに感謝のむらっち。

星風アカデミー Facebookページ

運命を創る専門家/Dr.むらっちのモットー

運命カウンセラー。作家。心理学博士。健康科学博士。気学家。
略歴はプロフィールをお読みください。

気学などの意識の開発で、幸せを築く4つの豊かさを実現します。
1.自由な時間力
2.豊かな経済力
3.健やかな健康力
4.喜びの奉仕力

カレンダー

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

  • Dr.むらっちブログ
  • 体験者の声
  • カウンセリング/入会案内
  • 星風アカデミーとは?
  • 書籍・グッズ

ページトップへ戻る