Dr.むらっちブログ Dr.むらっちブログ
  • HOME >
  • Dr.むらっちブログ

人生・不思議体験,意図的シンクロニシティ

「うねる大地でー❗ 3.11ー予知夢とシンクロニシティ」

2017年3月13日
 【人生・不思議体験,意図的シンクロニシティ


       

「6年前の東日本大震災とは違う満月前夜だっがー」



「まさか、6年前の同じ日の同じ夜のように、高速道路がストップするとは🎵




「東日本大震災のあの時間に、大地が揺れて、この影の先の桜の木にすがっていた私」



 


「植えたこの沙羅双樹の木は、大震災を知ってか知らずか、やがて芽吹くはず」




「うねる大地でー❗
3.11ー予知夢とシンクロニシティ」

6年前-
2011年3月11日午後2時46分。福島原発から直線距離96キロ地点の那須の山荘にいた。

大きな揺れに、妻の枝美桂は、イーちゃんとマナロアを抱え、電話をしていた私は電話を切って、慌てて庭に飛び出した。
歩けない。
大地がうねっている❗

辛うじて、庭の桜の幹にすがった。10メーター先においてある白いステーションワゴンが、海に浮かぶ小舟のように、揺れている。

大地が波打つのを、生まれてはじめて実感した。

昨夜の夢と同じだ。
枝美桂の夢はリアルであったが、私の夢は象徴的である。夢日記を3年間つけて自分の夢の特徴を知っていたので、その日のあさ、のんびりと、二人で、語り合って、近々、なにかあるかもね、とお茶をしていたものだ。

そして、一昨日の3月11日の午後2時46分。枝美桂と、6年前のあのときの同じ現場にいた。

桜の幹に手をかけて
被災者への黙祷を捧げる。

写真を撮る。庭は、何事もなかったかのように、静けさをたたえている。

私が植えた沙羅双樹も、やがて芽吹くだろう、とほっとして、東京にもどるために車に乗った。

高速の東北道。夕暮れの空に満月まえの月。快適なドライブ。

6年前の惨事を回想する。
あのときー。
余震が続くなか、夢に見たとうりに、混乱の起きる前に、急ぎガソリンを満タンにし、コンビニで水と食料品とを仕入れて、東京に向かった。
停電のため、信号は消え、高速道路は閉鎖。一般道を走るが、やがて渋滞で夜。1時間半か2時間で着く東京に、11時間かかり、次の日の明け方に着いた。

そんな思い出を語り、平穏無事な幸せを噛み締めているとき。
「大変、高速道路で火災だって! 通行止めよ」
「そんな、バカな!」
と、あわてて、疾走する車内から、標識をみる。
本当だった。

急ぎ、高速道路を降りる。長蛇の車列が、ずっと続いてうる。ワアーオ あのときと、同じじゃないか❗

那須山荘に、通いだしてから、10年がたち、6年前のあの大地震の時の様相に似た状態に、ゾッとする。
3.11の同じ日、同じ時刻、同じ道路で、東京に向かう。10年のうちのたった二回目の体験。
まさに負のシンクロニシティである。

京都で体験した1月17日早朝の淡路・阪神大震災と東日本大震災の共に近辺のこれも二度目の体験。

セレンディピティとシンクロニシティの意味を追及する者として、また、量子気学の体験を科学したい者の一人として、決して、見過ごすことの出来ない出来事である。

ハンドルを握る枝美桂に聞こえぬように、呟いた。
「二度有ることは、三度あるー。
忘れた頃にやって来ると言う災害を、事前に知る手だてはー?」

車は、深夜、ようやく首都高に入っていた。

いつもの東京タワーが、何事もなく、夜空に輝いて見えた。
予知夢は、紛れもないシンクロニシティの一つであるがー。


★つかの間、ほっとする、気休めのむらっち



 

 

 

星風アカデミー Facebookページ

運命を創る専門家/Dr.むらっちのモットー

運命カウンセラー。作家。心理学博士。健康科学博士。気学家。
略歴はプロフィールをお読みください。

気学などの意識の開発で、幸せを築く4つの豊かさを実現します。
1.自由な時間力
2.豊かな経済力
3.健やかな健康力
4.喜びの奉仕力

カレンダー

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

  • Dr.むらっちブログ
  • 体験者の声
  • カウンセリング/入会案内
  • 星風アカデミーとは?
  • 書籍・グッズ

ページトップへ戻る