体験者の声 体験者の声

体験者の声

堀内 裕さん

  • 私立大学一回生

気学で乗り越えました

いま思えば、もし気学を実践していなかったらと思うと、

ちょっと不安になります。


高校一年の折に、父が病いで亡くなり、今後の人生がどうなるのか、目の前が真っ暗になりました。でも、母が必死に耐えて、私たち3人の子どものために頑張っている姿に胸をうたれました。私も下の二人の子の世話をしたり、出来るだけ母の手伝いをし、勉強にも集中して、悲しみを乗り越えたいと努力しました。


そんな折、交換留学の話が出てきました。ニュージーランドの学生との交換留学でした。母子家庭なので、どうしようかと迷いました。しかし、母が決断しました。「裕にとって、祐気方位だから、大学進学するにしても、しないにしても、行っておいたほうがいい」というので、思い切って一カ月余りのニュージーランド滞在となりました。


気学についての意味は、あまりわかりませんでしたが、母も時々国内で祐気採りなどの気学を実践して、時折思いがけないいいことがあったりもしたようです。大学受験は、以前から行きたいと思っていた一校だけを選び、祐気採りも時折実践し、すべり止めの受験はやめました。経済的負担もかけたくなかったし、絶対うかってやる、と強く思って勉強もしたことがよかったのかもしれません。


「どこか、もう一校ぐらい受験したほうが・・・競争率も厳しい大学だから・・・」という母の不安を無視して「気学の祐気効果もあるはずだし、ちゃんと勉強もするから」と第一志望校だけにしぼり、合格したのでした。


気学の実践は、気分を落ち着かせたり、集中力も増すということや、受験に効果があると聞いてはいましたが、合格してから、本当にそうだと実感したのが不思議でした。


ありがとう、お母さん!

体験者の声 新着

  • Dr.むらっちブログ
  • 体験者の声
  • カウンセリング/入会案内
  • 星風アカデミーとは?
  • 書籍・グッズ
星風アカデミー Facebookページ

ページトップへ戻る